看護師が他職種へ転職する際におすすめの職種

看護師の業務は、シフト制が基本で、夜勤や残業も多くあります。生活が不規則になることは否めず、それを理由として転職する方も少なくありません。

看護師という職業はとても重要な仕事ですが、資格にとらわれずに、他の職種へ転職するのも1つの方法です。

 

今回は、看護師という職業を辞め、病院勤務以外の職種へ転職したい方向けの記事です。看護師の資格、経験、スキルを活かせる職業もたくさんあるため、下記を参考に、自分に合った職種を見つけてみてください。

 

看護師が他職種へ転職!経験を活かせる他職種

 

「看護師を辞めて、別の仕事に就きたい」と思っても、いざ、仕事探しを始めると何をやっていいのか分からないと悩んでしまう方もたくさんいると思いますが、世の中には、看護師としての経験やスキルを活かせる業種がたくさんあります。

ここからは、元看護師におすすめの他職種を8つ、紹介していきます。是非、転職の参考にしてください。

 

フィールドナース

フィールドナースとは、主に医療機器のメーカーや企業に務める看護師のことです。今までの経験やスキルを大きく活かせる職場ですが、営業職の一種です。

 

◎フィールドナースの特徴

  • 平日日勤のみで、土日祝日は基本的にお休み
  • 給与面は、看護師と同等または看護師以上

 

企業の一員となるため、平日の日勤のみで、夜勤はありません。また、土日祝日も基本的にはお休みとなります。夜勤や土日祝勤務が理由で看護師を転職する方にはうってつけの職業となります。また、転職後も看護師と同等、もしくはそれ以上の給料を見込むことも可能です。

 

助産師

助産師は、出産に立ち会い、赤ちゃんをとりあげる職業です。業種としては同じく医療系となりますが、看護師とは大きく異なる部分も多くあります。

 

◎助産師の特徴

  • 妊婦さんの食事指導、健康管理も任せられる
  • 正常な分娩の場合、医師の指示は不要で、助産師の判断で助産介助が可能
  • 夜勤や休日出勤が発生する
  • 看護師免許と助産師免許の両方を要する

 

看護師と同じく、休日出勤や夜勤がありますが、命の誕生に携われる非常に重要な職業です。看護師以上に大きな喜び、やり甲斐を感じられるお仕事です。

 

臨床開発モニター(CRA

臨床開発モニター(CRA)とは、治験に携わるお仕事です。医療機関に出向き、法律やルールに則って治験が行われているかを確認し、そのデータを回収するのが主な業務内容です。

 

◎臨床開発モニター(CRA)の特徴

  • 平日日勤のみで、土日祝日は基本的にお休み
  • スキルアップ、経験を重ねていくことで年収1,000万以上も目指せる
  • 医療の最先端に携われる

 

臨床開発モニター(CRA)のお仕事は、高収入が見込める職業でもあります。スキルアップすれば、年収1,000万以上も夢ではありません。

治験コーディネーター(CRC

治験コーディネーター(CRC)は、病院・患者・製薬会社の仲介となり、新薬開発の治験を円滑に行う仕事です。

 

◎治験コーディネーター(CRC)の特徴

  • 看護師としての経験やスキルを最大限活かせる
  • 平日日勤のみで、夜勤はなく、土日祝日は基本的にお休み
  • やり甲斐を感じやすい

 

看護師としての知識やスキルを要する仕事ですので、これまでの経験を無駄にすることなく働くことができます。

 

保育園勤務の看護師

保育園勤務の看護師は、感染予防やケガへの対応等を主な業務内容とします。子どもが好きな方にもおすすめの職種です。

 

◎保育園勤務の看護師の特徴

  • 子どもや保護者とのコミュニケーションが多い
  • 平日日勤のみで、土日祝日は基本的にお休み
  • 保育園勤務となるため、給与面は他に劣る

 

命に関わるような業務はほとんどなく、人とのコミュニケーションを楽しみながら働くことができます。

 

ケアマネージャー

ケアマネージャーは、ケアプラン(介護サービス計画)を作成する専門職で、資格を要します。高齢化社会となった今、介護や医療サービスを検討する人も増えています。

 

◎ケアマネージャーの特徴

  • 看護師としての経験やスキルを最大限活かせる
  • 平日日勤のみで、土日祝日は基本的にお休み
  • 介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格が必要となる

 

プランの作成には医療の知識も必要となるため、これまでの経験を活かした働き方ができます。一方で、利用者と業者との仲介に入るため、両者の要望またはクレームに対応することも多く、精神的なストレスを抱える方も少なくありません。

 

保健師

 保健師は、地域の保健所や保健センター、企業の医務室等が主な勤務先となります。健康促進、公衆衛生、疾病予防等の業務があります。

 

◎保健師の特徴

  • 平日日勤のみで、土日祝日は基本的にお休み
  • 看護師としての経験やスキルを最大限活かせる
  • 保健師の資格が必要となる

 

保健師の資格を取得する必要がありますが、夜勤や休日出勤がないため、安定したライフスタイルを送りたい方に向いています。

 

美容クリニック勤務の看護師

美容クリニックの看護師は、医療脱毛やレーザー治療、美容整形といった美容に関する施術の介助を行います。

 

◎美容クリニック勤務の看護師の特徴

  • 日勤のみの夜勤なしですが、夜遅くなることも多く、土日勤務も必須
  • 営業でもあるため、ノルマがあるクリニックも存在する
  • 給与面は高い傾向にある

 

美容が好きな方や営業職に興味のある方におすすめの職種です。

 

看護師が他職種へ転職!医療業界以外の職種

 

中には、医療業界に疲れ、一般企業への就職を目指す方もいます。看護師の経験は、医療業界を離れても活かせるものが多いので、医療業界以外の業種から転職先を探すのも良いでしょう。

これまでの経験を活かせる職種は、以下の通りです。

 

販売職

 

アパレルや化粧品等の商品を販売するお仕事です。特に女性の場合は、販売職に憧れのある方も多いのではないかと思います。

 

◎販売職の特徴

  • 自分の興味のあるブランド、商品を販売することでやり甲斐を感じやすい
  • 商品を買ってもらえるように、提案力が必要となる
  • 今まで培ってきたコミュニケーションを活かした販売ができる

 

正社員の他、派遣社員、パート、アルバイトとして働くこともできるため、自分のライフスタイルに合わせた選択が取りやすいです。

 

営業職

個人や企業を相手に商品やサービスを販売するお仕事です。年齢問わず、長く続けられるお仕事なのも魅力の1つです。

 

◎営業職の特徴

  • 法人営業、個人営業、ルート営業、新規開拓等、営業のスタイルは企業によって大きく異なる
  • お客さまとの丁寧なやり取りが求められる
  • 未経験から転職する人も多い
  • 特に不動産関連やIT企業は給与水準が高い

 

対人のお仕事という意味では、看護師と似ている部分もあります。丁寧なコミュニケーションができる元看護師さんは、営業職に向いている方も多いといえます。

 

事務職

主にパソコンを使った書類の作成や来客、電話対応等を行うお仕事です。経験、年齢問わず勤務できる職種です。

 

◎事務職の特徴

  • 基本的なパソコンスキルを要する
  • 事務職とは言うものの、電話や来客の対応等、人との関わりも多い
  • 事務職を希望する方は多く、条件によってはライバルが多くなる
  • 未経験者歓迎の求人も多数ある

 

看護師として勤務する際にパソコン業務も行っていたのであれば、パソコンスキルには特に問題ないかと思います。別途、エクセルやワードのスキルを求められることもあります。

 

美容に関する職

美容部員やネイルアーティスト、エステティシャン等のお仕事があります。美容に興味のある方に向いています。

 

◎美容に関する職の特徴

  • 美容部員
    デパートコスメでの化粧品販売、メイクアップやアドバイザーとしての業務があります。
  • ネイルアーティスト
    民間の資格があるため、そちらを取得する方も多いです。ネイルにデザインする業務の他、爪を綺麗に保つ業務等があります。
  • エステティシャン
    エステやマッサージ等の施術が主な業務内容となります。

 

美容系のお仕事は、衛生面や接客面のスキルが問われます。衛生面の知識はもちろんのこと、人とのコミュニケーションの経験も多い看護師さんには向いている職業といえます。

 

看護師以外の職種に転職するメリット

 看護師以外の職種に転職するメリットには、以下のようなものがあります。

規則的なライフスタイルを送れる

看護師はシフト制が多く、平日・土日祝・時間関係なく働くことが多いです。そのため、不規則な生活になりやすく、家族との時間が取れない等のデメリットも生じます。

他の職種へ転職後は規則的な生活が送れるため、家族との時間も取りやすく、心身ともに健康的に暮らしやすいといえます。

 

同じ看護師でも保育園勤務等であれば、休日や勤務時間が固定されるので、”看護師”として働きたい場合はそういった職種を検討すると良いでしょう。

人間関係のストレスをリセットできる

看護師から転職する理由として一番多いのは、人間関係のトラブルです。看護師の仕事は人の命に関わるため、正確性が求められます。そういった部分でも、人間関係のトラブルが起きやすい職業なのです。

 

転職すれば、その人間関係を一度リセットすることができます。

人間関係のストレスについては勤務してみないと何ともいえないところでありますが、今感じているストレスをゼロにできるのは大きなメリットといえるでしょう。

働き方に対する視野が広がる

看護師から、全く別の職種に転職することで、”見えていなかったものが見えるようになった”という声も良く耳にします。視野が広がれば、今後のライフプランの選択肢も増えてきます。資格にとらわれず、さまざまな職業に目を向けることが大切です。

看護師の仕事の関連記事
  • 看護師が他職種へ転職する際におすすめの職種
    看護師が他職種へ転職する時におすすめの職種
  • 保健師向けおすすめ転職サイトランキング!
  • 産業看護師へ転職する際の志望動機!
  • 転職回数が多い看護師のおすすめ志望動機まとめ!
おすすめの記事
看護師の仕事
産業看護師という選択肢もある 最近では、年々、看護師求人が増加している傾向にあります。この背景には、少子高齢化社会が進んでいることがあります...